インプラントの意味と費用について。第三の歯としてのインプラントに関する情報を掲載しています。

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インプラントの費用



インプラント治療は最先端の歯科医療技術で、かかるインプラント費用も高額です。

原則として、健康保険の対象にはなりません。

例外的に、国の高度先進医療の承認医療機関となっている日本歯科大学病院、東京医科歯科大学病院(東京都文京区)など、全国で10ほどの医院は健康保険が使えます。

ただし、保険の範囲は一般的な診療部分のみであり、高度先進医療部分についてはやはり健康保険の適用はありません。

とはいえ、高度先進医療の承認医療機関以外でインプラント治療を受けた場合、治療前のカウンセリングなどの一般的な診療部分についてもまったく保険がきかず、最初から最後まで全額自己負担となるので、それに比べればかなりインプラント費用は抑えられると思います。



インプラントの費用は、おおまかに分けて次の2つから成り立っています。

ひとつはインプラントのオペ費であり、これは人工歯根部を作るのにかかる費用です。

そして、もうひとつは上部構造、補綴物の費用であり、これは人工の歯冠部を作るのにかかる費用です。

インプラントにかかる費用は、施術機関がそれほど多くないこともあって、医院によって様々な料金体系があります。ただ、基本的にこの2点をおさえておけば、おおよその費用がわかると思います。

インプラント・費用、料金の見かたを事前に知っておけば、高額な治療費をふっかける病院を避けることができますので、インプラントの費用の内容をよくみることが大切です。費用の内容は、各病院によってが異なります。ここでは、よくある表記をもとに、インプラントの費用の見かたを解説します。

インプラントの費用の表示のしかたには次の2種類があります。

ひとつは金額がまとめて表示されている場合。

これは、インプラント1本あたり○○円のように記載されています。

もうひとつは内訳が示されている場合。

これは、インプラント1本あたり○○円、上部構造○○円のように、各内訳が記載されているものです。



金額がまとめて表示されている場合には、上部構造などインプラント以外の費用が含まれているのかを確認しましょう。

一般に上部構造は、数万~十数万円かかりますので、上部構造を含む、含まないによって、治療費の総額は大きく異なります。

上部構造が含まれていない場合には、事前に上部構造の費用の確認を行ない、インプラントで歯を回復するためにかかる総額を把握しておくのがよいでしょう。

その他にも、術前の検査、相談の際にかかる費用や、術後の定期健診の費用などが必要になるので、見積の際は多少の上乗せを覚悟しましょう。

また、実際の治療にあたっては、治療する歯の本数、歯の質、噛み合わせ、骨の状態、歯周組織の状態、回復力などが、一人ひとり異なるため、必要な検査、処置、薬品、材料等、治療期間等には、どうしても個人差が生じます。

インプラントの費用は、個々の症例によって必要な処置が異なるため、一律に提示しにくい性質があります。
正確な費用をインプラントを行なう歯科医師の先生と相談して、確認することが大切です。


この記事の大部分は
「記事も積もれば学となる!」
http://kiji.in/
より引用したものです。

インプラントの種類



インプラントとは、広い意味では臓器等の移植、またはその移植組織片のことをいいますが、通常、デンタルインプラントをしめす言葉として使われます。

デンタルインプラントとは、歯を失った人のための人工歯根のことをいいます。

現在、全世界で100以上のインプラントメーカーが存在すると言われています。

主なメーカーはI.T.T、ブローネマルク、アストラ、アンキロス、アストラなどでそれぞれ表面の性状や、手術回数、治療期間などが異なっています。

まず、I. T. Iは、 25年の歴史を持つインプラントで骨との接触が一番良好だといわれており、日本人の顎にも適しているとされます。ただ、前歯部には向いていないため、奥歯などに使われることが多いものです。



治療費はブローネマルクより安く、適応も広いのが特徴です。

また、手術回数は主に1回と少なく、治療期間は 上下顎にかかわらず最短で6ヶ月です。

次にブローネマルクは、 30年の歴史を持つ世界で一番信用されているインプラントです。しかし、治療期間がが長く、コストが高いのが難点。

インプラント体が長く、組織の損傷の可能性も高い。

手術回数は基本的に2回で、治療期間は下顎は3ヶ月、上顎は6ヶ月が平均です。

こうして、ブローネマルクは欠点が多いのが難点ですが、この欠点を補うべくつくられたメーカーがアストラです。 歴史は浅いけれども、骨植の良い前歯部に適しているという他にはない特徴をもっており、前歯に施術をして欲しい人にはおすすめです。

手術回数は基本的に2回で、治療期間は下顎3ヶ月、上顎6ヶ月です。



アンキロスは1987年から臨床活用されていおり、骨密度の低い所でも良好なオッセオインテグレーションがおこります。またマイクロギャップがなく、上下の成功率に差がない点も特徴です。手術回数は2回。

平均的な手術期間は下顎3ヶ月、上顎3ヶ月です。それぞれに特徴があるので、自分の歯やあごの状態にあわせたものを医師と相談して選ぶことが大切です。

インプラント義歯は一生使えるものではなく、その寿命は10年間というのが一応の目安になっています。10年間の定着率は患者の約80パーセントから90パーセントですので、全員が10年使えるわけではない点もよく注意しましょう。

インプラント義歯はまだ保険が適用される病院が数えるほどしかないため、多くの病院の手術がすべて自己負担とならざるを得ない状況にあります。


この記事の大部分は
「記事も積もれば学となる!」
http://kiji.in/
より引用したものです。

インプラントとは



インプラントとは、歯を失った患者に対して行う治療法で、チタンなどの金属やアパタイト(リン酸カルシウム)などの合成材料でつくられた歯根を、あごの骨に穴を開けて植え込み、接着後、上部構造とよばれる歯冠部をその歯根にかぶせるものをいいます。

一口にインプラント義歯といっても、約30もの種類があり、手術方法も異なります。

インプラント義歯をいれると、自分の歯で噛んでいるような感覚が得られ、外見も本物の歯のように見えることから、「夢の永久歯」「第三の歯」などとよばれ、非常に脚光をあびました。

ただ、初期の頃は失敗例も多く医師と患者の間でトラブルも多くおこりました。しかし、技術と材料の進歩によって、今では安定した効果を得られるようになりました。

ただ、インプラント後のケアには要注意。



金属部が歯茎や骨と接続している部分を不潔にしていると、本物の歯のような生体防御反応が働かないために感染が広がり、インプラントが外れてしまうこともあるからです。

毎日、きちんと丁寧な歯磨きができない人には、インプラントは適さないといえます。

また、あごの成長が続く子供や、歯をぬいたまま長時間放置したためにあごの骨がやせ細ってしまっている人、上あごの奥歯の骨の薄くなっている部分や下あごの神経が通る穴の部分にはインプラントができないなどの制約条件もあります。

日本の大学病院で最初にインプラント診療科を設けた日本歯科大学病院では、1991年年1月に同科を設立してから5年間でのべ1200人におよぶインプラント希望者が来院したが、その4分の1を占める約300人が骨量不足や不正咬合のために不適応、約450人がブリッジなどの従来の施術で事たりたため、結局実際にインプラント治療を行った患者は、約450人にすぎなかったそうです。



インプラント治療では、通常、予備検査から実際にインプラント義歯をかぶせるまで1年ほどの期間がかかります。

もし虫歯や歯槽膿漏などがあれば更に治療期間は長くなります。

費用も高額で、国の高度先進医療の承認医療機関となっている日本歯科大学病院、東京医科歯科大学病院など、全国で10の医療機関を除いて、インプラント治療を受けた場合、保険がまったくきかず、全額自己負担となります。

インプラント義歯は1本あたり40万から60万くらいが相場といわれていますが、検査から治療費まですべてが自己負担となるので、手術を受ける際は、総額がいくらになるのかを事前に確認をしておくほうがいいでしょう。


この記事の大部分は
「記事も積もれば学となる!」
http://kiji.in/
より引用したものです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。