インプラントの意味と費用について。第三の歯としてのインプラントに関する情報を掲載しています。

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロスカット



 証拠金取引では、取引を維持するために一定水準以上の証拠金が口座に入っていることが条件になっています。

それゆえに、為替の変動で含み損が増えた場合に証拠金が不足するという事態になることがあります。

FX業者によって異なりますが、維持証拠金率が50%を下回ると強制的にポジションが決済されます。

ロスカットはどの業者でも存在し、含み損をそれ以上拡大させないために、良心的に損失を限定してくれる機能とも言えます。

ロスカットがなければ、ハイレバレッジで取引をしていた場合に急激な為替変動が発生したために、多額の借金を抱えてしまうこともありえます。

FXがハイリスクといっても、口座に入金した金額以上に損失がでることはほぼないのです。(テロが原因でドルが暴落した場合は自動決済が遅れる場合がありますが、普段はないと言えます。)

もし、ロスカットになるのが嫌ならば、レバレッジを低くして、証拠金を多くすれば心配は不要です。
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。