インプラントの意味と費用について。第三の歯としてのインプラントに関する情報を掲載しています。

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レバレッジ



  FXの魅力と同時にハイリスクと言われる要因が「レバレッジ」を効かすことができることです。

レバレッジは「てこの原理」という意味です。

少ない証拠金で大きな資金をやり取りできる取引を「証拠金取引」といいます。

レバレッジは株の信用取引でも使われていますが、3倍程度が多いです。

しかし、FXでは100倍や200倍、400倍ものレバレッジをかける事ができます。



  例えば、1万ドル(1ドル=100円とすると、100万円)を売買する場合を考えて見ましょう。

レバレッジが1倍の時は、100万円の証拠金で1万ドルの取引をします。

レバレッジが2倍の時は、50万円の証拠金で1万ドルの取引ができます。

レバレッジが10倍の時は、10万円の証拠金で1万ドルの取引ができます。

レバレッジが100倍の時は、1万円の証拠金で1万ドルの取引ができます。

レバレッジが400倍の時は、2500円の証拠金で1万ドルの取引ができます。



  1万ドルの取引をする場合本来ならば100万円必要とするところを、レバレッジを効かせれば少ない資金で取引を行うことができるようなるのです。

高レバレッジが危険と思われますが、FXは証拠金以上に損失が出ることはほぼない(ロスカットがある)ので、限られたリスクでハイリターンを得ることも可能です。

また、低レバレッジで外貨預金のように取引をすることも可能です。
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。