インプラントの意味と費用について。第三の歯としてのインプラントに関する情報を掲載しています。

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漢字1文字で表わすと 「苦」しんで「迷」う



 就職活動を「苦」と考えた学生が、「楽」を抜いてトップに-。来春卒業予定の学生に対し、「就職活動を漢字1文字で表すと」というアンケートを毎日コミュニケーションズ(東京都千代田区)が行ったところ、「苦」と回答した学生が7年ぶりに1番となった。100年に1度といわれる経済危機のあおりが、学生たちの就職活動の現場にも広がっていることが明らかになった。

 就職情報サイトを運営する「毎日コミュニケーションズ」が、来春卒業予定の学生に対してインターネットでアンケートを実施し、全国の男女812人から回答を得た。

 同社によると、就職活動を表す漢字に、前年3位の「苦」を挙げた学生は6・9%を占め、7年ぶりにトップ。理由は「不景気になり、行きたかった会社が定員を減らした」「就職活動が長期化した」など苦しい胸の内を明かした回答が目立った。昨年まで5年連続1位だった「楽」は3・2%で3位に急降下し、厳しい就職活動の実態を裏付けた。2位は「迷」(昨年同)だった。

 採用側の企業に対するアンケートによれば、選考基準について「前年より厳しくする」と回答した企業が、前年より約30ポイント多い約50%に達していた。

 これまで続いてきた採用拡大の傾向が、今期から縮小している可能性があり、同社の担当者は「採用が厳しいと感じ、『苦』を挙げた学生が増えたのではないか」と分析している。

(産経新聞 8月12日)
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2009/09/11(金) 01:36 | | #[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。