インプラントの意味と費用について。第三の歯としてのインプラントに関する情報を掲載しています。

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【歯科診療】下顎、右123欠損の治療について



【質問】

【歯科診療】下顎、右123欠損の治療について

先日、主人が、下顎右側前歯が揺れていると訴えました。
私が指で確認したところ、右123が全て動いており、
もはや骨に支えられておらず、歯茎にくっついている程度でした。
重度の歯肉炎であることは一目瞭然で、
下顎の他の前歯も、全て歯根が露出しており、
(かろうじて下顎左123は骨に支えられているようで、
上顎は多少動いているものの、咀嚼に問題はないようです)
歯肉炎、歯周病を専門にしている歯科医院で診察してもらったところ、
下顎123は、抜歯しなければいけないとのこと。

主人は年齢38歳、接客業をしており、
口臭や部分入れ歯の金具が見えることを考えると、
義歯(入れ歯)にするのは抵抗があるのかと思いきや、

「費用が安いのであれば、義歯もやむを得ない」

と、あっさり義歯を承諾してしまいました。

しかし、私はどうしても、
主人がまだ30代であることや、接客の仕事であること、
何より主人の「面倒臭がり」の性格を思うと、
そのうち義歯も装着しなくなり、
前歯が3本ない状態で生活をするのではないかと危惧しており、
かなり高額ではありますが、
インプラントか、保険適用外のブリッジをしてほしいと思っています。
(面倒臭がりと言っても、歯磨きは毎食後5分くらいかけてしています。
ただ、甘い缶コーヒーの飲み過ぎで、顎の骨が溶けたと、
歯科医師が言っていました)

ネットでインプラント費用について調べたところ、
どうにか主人の収入で支払えそうですが、
主人は「歯に金をかけるくらいなら、パソコンを買いたい、
新しいブルーレイレコーダーを買いたい、
もう1台プラズマテレビを買いたい」と言う始末です。

個人の感覚の違いでしょうが、
一般的には、30代で部分入れ歯になることに、
抵抗がない人は多いのでしょうか?
また、買い物に行った先での店員さんに、
前歯がないことなど、普通、誰も気にしないでしょうか?
部分入れ歯による口臭は気にしないのでしょうか?

主人が決めることですので、
私が何を言っても仕方ないのですが、
もし接客中に入れ歯がポロッと外れでもしたらと思うと、
情けなくて仕方ありません。

皆様のご意見をお聞かせ下さい。


【ベストアンサー】

奥様のご主人の口元が気になる気持ち分かります。が、しかし!38歳でそこまで重度の歯周病になるまで放置していたのなら、高額なインプラント治療をしてもメンテナンスが自分で十分にできずに元の木阿弥になるのは目に見えております。歯周病がかなり進んだ状態では歯槽骨もかなり減ってしまい、もはやインプラントを埋めることができない状態になっているかもしれません。保険適用ではないブリッジも構造上無理のあるものです。他の歯にかなり負担がかかってしまいます。反対の前歯も動揺があり、噛み合わせも動揺されているなら、他の歯の負担を考えて無理かもしれません。ご主人が 歯にお金かけるのがもったいないと思っているのならやめた方がよいですよ。価値感の違いです。奥様としては、悲しい口元になってしまうかもしれませんが、無理強いしても お金かけるだけ無駄になってしまいますよ。動機付けから始めてみてはいかがでしょうか。


費用 インプラント
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。