インプラントの意味と費用について。第三の歯としてのインプラントに関する情報を掲載しています。

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

費用 インプラント



インプラントの寿命

インプラントは「15年持ちこたえる」などといわれています。しかし、インプラントは、状態が良ければさらに長持ちし、40年以上経っているものも存在します。インプラントの生存率は、約10年で 90~95%残ると言われています。長持ちさせるためには、定期検診と毎日のホームケアが必要になってきます。インプラントはまず、「10年以上」が一つの目安です。これはあくまでも「平均」ですから、1年で駄目になる方もあれば、何十年も使える方もあり、当てにならない面もあります。しかし、数字から「傾向」が読みとれますので、参考にはなると思います。


ブリッジの寿命

ブリッジの寿命は7年ほど。ブリッジ生存率は、約10年で 50~70%残るといわれています。これも患者様本人の毎日のお手入れによってかなり異なってきます。長持ちさせるためには、もちろん定期検診が必要になってきます。入れ歯やブリッジは、「短くて数年、長くて10数年程度」が一つの目安になると思います。あくまでも「平均」ですから、1年で駄目になる方もあれば、何十年も使える方もあり、当てにならない面もあります。ですが、この数字から「傾向」が読みとれますので、参考にはなると思います。 ブリッジを支えている天然の歯は、支えの歯をかけるために、大きく削られます。その上に、抜けた歯の分まで、過度な負荷がかかりますので、徐々にダメージで弱まり、ブリッジの支えにしない場合に比べると、寿命は短くなります。


入れ歯の寿命

入れ歯の寿命は5年程です。入れ歯の生存率は、約5年で 40~50%残るといわれています。長持ちさせるためには、やはり定期検診が必要になってきます。入れ歯やブリッジは、「短くて数年、長くて10数年程度」が一つの目安になると思います。あくまでも「平均」ですから、1年で駄目になる方もあれば、何十年も使える方もあり、当てにならない面もあります。しかし、この数字から「傾向」が読みとれますので、参考にはなると思います。不具合がでてきたら、歯医者さんにみてもらいます。わざわざ新しく作らなくても、入れ歯の裏打ちをしたり、すり減った人工歯を修理・調整しただけで再び快適に使えるようになることもあり、修理・調整だけで10年、20年使ってる方もいらっしゃいます。


費用 インプラント
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。