インプラントの意味と費用について。第三の歯としてのインプラントに関する情報を掲載しています。

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5万円~10万円/本の安いインプラントは大丈夫でしょうか?



【質問】

5万円~10万円/本の安いインプラントは大丈夫でしょうか?

インプラントの値段は歯科医院によりかなり違います。

インプラントは厚生労働省の認可されたものを使用するのが基本だそうですが、最近、輸入インプラント(中国・韓国など安さ優先)を使用し、激安をうたって、顧客を集め、手術をしている歯科医院があるようです。

以前TBSの報道特集でもやっていました。
http://www.tbs.co.jp/houtoku/onair/20100206_1_1.html

輸入インプラントを使用することは良いのですが、条件として患者さんの了承が必要で、書面による確認をしなければならないそうです。そんな承諾書があるのは知りませんでした。

通常、厚生労働省の認可のインプラントは、どんなに安くても5万円/本で、
消毒その他の人件費以外の経費が10万円ほどにはなるそうなので、
1本15万円~20万円は相場だそうです。

つまり5万円~10万円/本をうたっている歯科医院はちょっと注意したほうが良いとのこと。


このあたりのことを語られている歯科医院の先生もいらっしゃいます。

以下
http://blogs.yahoo.co.jp/shell777/19917984.html
より

----------------------------------------------------------------

韓国製インプラント

最近、非常に安いインプラントが多いですね。
韓国製のものが多く出回っているようです。
もちろん日本の厚生省の認可はおりてなく、
20万以下で治療しているところは気をつけたほうがいいとおもいますよ。

何しろ、原価が一本800円くらいらしい。(これじゃ、普通の工具のねじの値段ですね。)
それでは10万円以下のインプラントがでてきてもおかしくないかな?もっと安くてもいいかも。
材料ももちろん純チタンではないらしく、到底人の口の中にいれるべきものじゃないとおもうけど。

怖い、怖い
いくら安いからって、自分の健康のことを考えたら。
インプラント自体が感染したり、錆びだしたら回りの骨も一緒に破壊されてしまいます。

実際、信頼と実績のあるスイス製とか、スウェーデン製の一流メーカーのインプラントの
原価はその100倍位の値段です。

インプラント治療を希望される方は気をつけてくださいね。

----------------------------------------------------------------

インプラントの適正な価格っていくらなんでしょうか?


【ベストアンサー】

「インプラント ネット」というインプラント治療の理解と普及を目的としたポータルサイトの相場価格です。
・全国の平均は30~40万円
・首都圏や都市部は35~45万円

--------------------------------------------------------------

インプラント1本の価格は、手術代(インプラントを埋め込む)のみの価格なのか、手術代+被せ物の価格なのかで大きく変わります。

また、骨がやせている場合は、人工骨や体の骨を削り移植する場合があり、追加費用がかかる場合があります。
(人工骨の方が、患者の体への負担も少ないので使われやすいです。)

インプラント(被せ物も含めて)が壊れた時、5年、10年経ってどの程度補償してもらえるのかも重要です。


<インプラントの手術費について>
年間でインプラント何千本の実績!などの広告を見たことがあります。
1年間で100本買う歯医者と、1000本買う歯医者を比べれば、後者のほうがインプラント1本の購入価格も低いかもしれません。
インプラント手術は、通常の治療するイスで行う歯医者や、専用のインプラント手術室を設置してる所もあります。
設備費も大きく変わるので、そういった部分が手術費にまったく関係ないとはいえないと思います。
インプラントの種類によっては、手術毎に器具を使い捨てにする物もあり、当然コストに反映します。
専用器具を使わないと手術出来ないインプラントに比べ、汎用性のある器具で手術が出来るインプラントの方がコストは抑えられると思います

<輸入インプラントについて>
インプラントは厚生労働省に認可されたものであれば、輸入品でも承諾書は必要ないはずです。
韓国製インプラントが何種類あるか分かりませんが、アメリカやヨーロッパの機関が認可したものもあり、厚生労働省の認可を待っている場合もあります。

<認可されていないインプラントについて>
どこの国の認可も取っていないインプラントは怖いです。
しかし外国の認可を取っているが、厚生労働省の認可はまだ。というインプラントはどうでしょうか?
こういったインプラントを個人輸入して使う場合もあるようです。患者への事前説明や同意のもと使うことは歯医者に許されていると思います。
たとえば癌の治療薬など、厚生労働省の認可はされていないが、外国で認可せれている薬を患者やその家族の同意のもと、使われていると思います。

<人工骨について>
人工骨は、厚生労働省が認可している物は少なく、外国で認可されているものを個人輸入して使われているようです。
外国のものの方が、実績や実際に使われた結果が良いということで長年使われているようです。
人工骨も体の中に入ったままになるものです。

<TBSの報道特集について>
内容は「技工物の安全」ということで、差し歯や入れ歯などに使われる金属や、精度の問題だと思います。


手術費が10万円以下で、厚生労働省の認可を取っているインプラントを使用している歯医者はあります。
歯医者の経営努力で低価格を実現しているのではないでしょうか。


【インプラント 意味・値段】
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。