インプラントの意味と費用について。第三の歯としてのインプラントに関する情報を掲載しています。

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インプラント認定医



インプラント手術を行うためには、インプラント学会による試験、審査に合格してインプラント認定を受ける必要があります。

インプラント学会は、数種類あり、代表的なものとしては日本口腔インプラント学会、日本顎顔面インプラント学会、国際口腔インプラント学会などがあげられます。

インプラント手術についてはこうしたインプラント認定医という資格が必要です。

ただ、インプラントの価格はインプラント認定医によってまちまちです。

価格の基準といったガイドラインもなく価格の相場はあってないようなものと考えてよいでしょう。

インプラントは、最新医療で一種の異物による臓器移植とも考えられ、注目されていますが、一方で術式の割りに利益率が大きいことから、安直にインプラント治療を勧める歯医者が急増しています。

その結果、インプラント費用に関するトラブルも多く発生するようになりました。

インプラントの費用は、材料費と技術料、その他経費(場所代、消耗品、従業員経費など人件費、その他の経費)に利益を合算して決まります。



この価格は、材料費以外をどうするかによって、異なってくるわけです。

たとえ、技術水準が低くてもブランド志向で高い目の料金設定(それなりのサービスがある)のところもあれば、薄利多売で本数を稼ぐ歯医者もあります。

インプラント認定医といっても、これは国家資格ではなく、各民間の学会が独自のカリキュラムをくんで試験を実施するにすぎません。

ですから、インプラント認定医というかんむりで安易に歯科医を選ぶことはおすすめできません。

インプラント手術は、リスクも少なくないものですからインプラント認定医の中から慎重に選ばなければなりません。

以下にインプラント認定医の選び方について記しますので、参考にしてみてください。

まず、これでもか、と言わんばかりに「インプラント」の良い事ばかりを言い、やみくもにインプラント手術をすすめる認定医には注意が必要です。

また、手術前に診療代を払うシステムになっているところも避けたほうがよいでしょう。

更に、診療室の雰囲気もチェックしましょう。

きれいな診療室だとそれだけで信頼してしまいがちですが、ホテルや高級クラブのようなインテリアをそろえているところは、技術の未熟さを雰囲気でカバーしている可能性があります。

また、宣伝しまくっているインプラント認定医も注意が必要です。



本当に信頼できる歯科医院であれば、口コミで患者は集まってきます。

そして、最後にもっとも重要な点はリスクについてたずねたときにきちんと説明をしてくれるかどうかです。

インプラント施術を行う医者には、患者に対してリスクをきちんと説明したうえで手術の同意を得る義務があります。

インプラントにしなければいけない必然性と根拠について、他の方式に比べた場合についての比較説明があるか、インプラントの危険性についても説明が十分であるか、更に、失敗した場合はどうするか、将来駄目になった場合の事などに十分な説明があるか、失敗した場合のリスク管理体制が整っているか、リコールシステムが充実しているか、こうしたマイナス面についてどの程度カバーができているかが、いい認定医の選択基準となるでしょう。


この記事の大部分は
「記事も積もれば学となる!」
http://kiji.in/
より引用したものです。
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。