インプラントの意味と費用について。第三の歯としてのインプラントに関する情報を掲載しています。

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インプラントのリスク



インプラント手術がはじめて日本に導入されたのは1991年、日本歯科大学病院においてです。インプラント導入当時は、「夢の永久歯」などとよばれ非常に脚光をあびました。

しかし、この夢のインプラントにもリスクはあります

インプラントも決して万能な治療ではないことを手術前にしっかりと認識しておくことは非常に重要です。外科治療である以上、最低限のリスクを伴うことは避けられません。

残念ながら、医療に100%はないのです。

とはいえ、事前にトラブルに対処するだけの心構えと知識があれば、それを未然に防ぐことも可能ですし、もし仮にトラブルがおこってしまっても冷静に対処できるのではないでしょうか。

インプラント植立時のトラブルとしてあげられるのは、主に腫れ、出血、まひ、知覚異常、あざなどです。腫れは約1週間続きますが、3日目がピークでそれ以降はだんだんとおさまっていくので心配はありません。



また、まれに出血動脈の損傷により、手術後も出血が続くことがあります。出血も部位によっては、対応が遅れた場合は死に至ることもありますので、要注意です。

まひや知覚異常は下顎のオペに際して、下歯槽の神経損傷により一時的、または永久的に麻痺、知覚異常がのこってしまうという大きなリスクがあります。仮に一時的なものですんだとしても、神経組織は再生力に乏しいため治癒には半年から1年かかるといわれています。

そのほか、インプラントの本数が少なかったために、負担加重になってインプラントの結合が破壊されてしまうというトラブルもあります。

一概にはいえませんが、歯が2本ないところに1本しかいれなかった時や、咬む力が強い場合にそれを考慮しなかった時におこることがあります。



このトラブルは非常に初歩的なトラブルといえ、事前のカウンセリングが丁寧に行われなかったことが原因と考えられます。

手術前に病院を訪れる際は、カウンセリングが丁寧かどうか自分の目で見極める必要があります。

更に、手術後、たまになぐれたようなあざが顔面に出現することがあります。

ただ、これは約2週間ほどで消えるものなのでそれほど心配する必要はありません。

これまでは、手術後におこりうるトラブルをみてきましたが、手術自体も失敗する危険性はあります。

手術時の失敗として、『過剰なドリリングによる骨の壊死(50度以上)』、『感染』、『初期固定が得られない』、『初期固定が強すぎる(50Ncm以上)で骨壊死がおきる』「隣在歯を削ってしまう」といったものがあります。

これらの失敗は習熟曲線に関係しているとみられ、やはり技術に熟達した医師を選ぶ目が重要になってきます。


この記事の大部分は
「記事も積もれば学となる!」
http://kiji.in/
より引用したものです。
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。