インプラントの意味と費用について。第三の歯としてのインプラントに関する情報を掲載しています。

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インプラントの種類



インプラントとは、広い意味では臓器等の移植、またはその移植組織片のことをいいますが、通常、デンタルインプラントをしめす言葉として使われます。

デンタルインプラントとは、歯を失った人のための人工歯根のことをいいます。

現在、全世界で100以上のインプラントメーカーが存在すると言われています。

主なメーカーはI.T.T、ブローネマルク、アストラ、アンキロス、アストラなどでそれぞれ表面の性状や、手術回数、治療期間などが異なっています。

まず、I. T. Iは、 25年の歴史を持つインプラントで骨との接触が一番良好だといわれており、日本人の顎にも適しているとされます。ただ、前歯部には向いていないため、奥歯などに使われることが多いものです。



治療費はブローネマルクより安く、適応も広いのが特徴です。

また、手術回数は主に1回と少なく、治療期間は 上下顎にかかわらず最短で6ヶ月です。

次にブローネマルクは、 30年の歴史を持つ世界で一番信用されているインプラントです。しかし、治療期間がが長く、コストが高いのが難点。

インプラント体が長く、組織の損傷の可能性も高い。

手術回数は基本的に2回で、治療期間は下顎は3ヶ月、上顎は6ヶ月が平均です。

こうして、ブローネマルクは欠点が多いのが難点ですが、この欠点を補うべくつくられたメーカーがアストラです。 歴史は浅いけれども、骨植の良い前歯部に適しているという他にはない特徴をもっており、前歯に施術をして欲しい人にはおすすめです。

手術回数は基本的に2回で、治療期間は下顎3ヶ月、上顎6ヶ月です。



アンキロスは1987年から臨床活用されていおり、骨密度の低い所でも良好なオッセオインテグレーションがおこります。またマイクロギャップがなく、上下の成功率に差がない点も特徴です。手術回数は2回。

平均的な手術期間は下顎3ヶ月、上顎3ヶ月です。それぞれに特徴があるので、自分の歯やあごの状態にあわせたものを医師と相談して選ぶことが大切です。

インプラント義歯は一生使えるものではなく、その寿命は10年間というのが一応の目安になっています。10年間の定着率は患者の約80パーセントから90パーセントですので、全員が10年使えるわけではない点もよく注意しましょう。

インプラント義歯はまだ保険が適用される病院が数えるほどしかないため、多くの病院の手術がすべて自己負担とならざるを得ない状況にあります。


この記事の大部分は
「記事も積もれば学となる!」
http://kiji.in/
より引用したものです。
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。