インプラントの意味と費用について。第三の歯としてのインプラントに関する情報を掲載しています。

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯にブリッチをしてる方に質問です。



歯にブリッチをしてる方に質問です。
食べかすなど残りやすいのでケアが大変と聞きました。普段歯磨き以外でやっているこたがありますか?
あと、何年も使ってると支えてる前後の歯が駄目になるって本当ですか?
ベストアンサー

私は、歯医者ではありませんので、専門家では御座いませんが、回答します。
私はブリッジを2箇所しております。
ブリッジにする事は、多少デメリットもありますが、何もしない方が問題ですし、入れ歯よりましです。

デメリットとしましては、以下の内容です。
・虫歯でもない前後の歯が銀歯になってしまう。
・欠けた空間を前後の歯で補う為、前後の歯に負担が大きい。
・歯を磨く時に、磨き難い。(歯ブラシが入らない箇所がある。糸楊枝が入らない。)
・施工後、噛んだ感じがしっくりするまで時間がかかる。

歯は、一本一本が、おしくら饅頭の様に並び、噛んだ時の力を分散する等、力を吸収し合っていますが、1本でも欠けると、欠けた部分に歯が偏ってしまい、歯並びが日々悪化します。
欠けた部分を放っておくと大変な事になります。
そこで、最も安価で解決する方法がブリッジです。
これで、とりあえず隙間を埋める事が出来ます。(悪化は止められる)
但し、ブリッジは1本の欠損を埋める3本ブリッジが限度で、4本ブリッジ以上はお勧め出来ません。(2本で4本分を支えなければならず、長持ちしませんし、違和感があります。)
歯磨きの磨き難さですが、歯医者でブリッジを行う際、欠損した歯肉の部分とブリッジまでの隙間を歯ブラシがとどき易い様、隙間を大きめに開けてくれと、お願いすれば歯ブラシがとどき易くなり、問題が少し解決します。
通常の歯磨き以外のケアは、細い棒状の歯間ブラシが市販されておりますので、それで磨ききれない部分を磨き、場合により、「リステリン」で口をすすぎます。
何年も使っていると駄目になると書いてありましたが、私は3本ブリッジで20年以上使ってますが特に問題ありません。
4本ブリッジの部分は10年で2回取れて交換してますが、前後の歯には現在異常ありません。

ブリッジがどうしても嫌であれば、入れ歯かインプラントしか有りません。
インプラントとは、欠損した部分のアゴの骨にドリルで穴を空け、セラミックのインサート(人口の根っこ)を埋め込みます。
その後、1ヶ月位でインサートは骨に固定されますので、その後人口の歯をくっ付ければ完成です。
殆ど噛んだ感触や強度も本物と同じ位になるみたいです。(年をとるとインプラントは出来ない)
但し、費用が高く、1本当り:インサート8万円+歯8万円=計16万円です。(一般的な参考費用)
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。