インプラントの意味と費用について。第三の歯としてのインプラントに関する情報を掲載しています。

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早起き生活② 早起きの方法について



早起きが良いと分かったとしても、なかなか早起きを継続するのは難しいことですね。

昨日まで、8時に起きていたのに、次の日から6時に起き続けようと思っても、なかなか続きません。

早起きは、明確な目標を持って、同時に生活習慣を変える必要があるように感じます。

早起きのポイント

①何よりも、まず早く寝ることから。

出発点はここからです。

早く寝ることで、早く起きられる。

単純ですが、いざ実践しようとすると決意がいります。

また、ダラダラとテレビを見たり、うたた寝したりせずに、眠いと思ったらすぐに床につく。


②最初は、目が覚めたら、サッと起きるということだけ心がける。

何時に起きなくてはいけないと考えると、プレッシャーを感じ、起きるのが負担になります。

目が覚めたら起きると考えると良いです。

やがて、時間が来たらすぐに起きると言うことを体が覚えていきます。


③人生を変えたいとか、より良くしたいと思った時がチャンス。

やはり、早起きをして、何かを始めようと思うには、それなりの動機必要なものです。

具体的な目的意識が必要ではないでしょうか。


④段階的に続けていく。

まずは、1日早起きしている。

次は、3日続けて。次は、1週間と徐々に伸ばして行ければ良いと思います。

3ヶ月続けば習慣になり、3年続ければ止められなくなるそうです。


※以上は、宮西ナオ子氏の「朝2時間早く起きれば人生が変わる!」を参考にしています。興味があり、もっと詳しく知りたい方は、ぜひ手にとって見てください。

コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。