インプラントの意味と費用について。第三の歯としてのインプラントに関する情報を掲載しています。

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

矯正用のインプラントのやり直しは多いですか?



矯正用のインプラントのやり直しは多いですか?
ベストアンサー

随時適切な固定の軸にするために、アンカーインプラントの場所をかえる事はあると思います。歯を失った時のインプラントに比べ、取れやすいと言うのは昔し聞いた事があります。

矯正の事情はよくわかりませんが、矯正用のアンカーインプラントであれば、後々撤去するために、骨との結合を期待しなくていいため、アンカーインプラントの表面性状が、通常欠損で利用するインプラントとは違うのじゃないかと思います。

矯正治療をなさっているんですか?がんばってお口のケアにつとめてください。
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。