インプラントの意味と費用について。第三の歯としてのインプラントに関する情報を掲載しています。

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯のインプラントって、完全に歯が抜けてしまっても…



歯のインプラントって、完全に歯が抜けてしまっても、可能なんでしょうか。それとも、少しでも土台が残っていないといけないの??
インプラントとは人工歯根と呼ばれ、歯が無くなった状態の骨の中に、人工の(チタン等の)歯根・杭を打ち込んで、その上に歯を作る処置の事です。従って通常の場合は歯が完全に・土台となる根も無い場合の処置になります。

重要な事は残っている骨の状態・厚みや量なのです。古典的な方法としては残っている根を利用する歯内骨内インプラントと呼ばれる処置も無いわけではありませんが、現在では少ないと思います。

ほとんどの患者さんは歯が無くなった場合に、入れ歯・ブリッジの代用として使われます。利点もあれば欠点もありますから、もしもインプラントをご希望でしたら、欠点も考慮して歯科医師ととことん話し合ってみて納得の上、選択してください。
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。