インプラントの意味と費用について。第三の歯としてのインプラントに関する情報を掲載しています。

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

差し歯とインプラントって同じですか?



差し歯とインプラントって同じですか? 
違うんだったら違いを教えてください。
差し歯は保険の効く物と効かない物がありますが特に希望がなければ保険で作れます。
インプラントは自費でかなりの高額です。

差し歯は根っこに歯が残ってる所に金属で作った歯を立てます。ガムやキャラメルなどを食べたり、再度虫歯になったりすると差し歯が取れてしまう事もあります。

インプラントは手術になります。
術前に骨の状態などを調べる必要があります。それによってインプラントを受けられない事もあります。
インプラントとは差し歯も作れない方、入れ歯ではちょっと・・・と言う方が受けられます。
簡単に言えば歯のないところでしたらインプラント受ける事ができます。
まず骨に歯の土台となる物を埋め込む手術(1次OPE)を受けます。
次に日にちが経ってから前回埋め込んだ土台と歯の頭となる部分をネジで止めるなどの手術をします。
インプラントが入ってる限り定期的にメンテナンスが必要になってきます。
インプラントは1本から入れる事が可能です。
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。