インプラントの意味と費用について。第三の歯としてのインプラントに関する情報を掲載しています。

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯に詳しい方、インプラントを知っている方へ



歯に詳しい方、インプラントを知っている方へ

芸能人の方などで急に歯並びがきれいになっている方いますよね?それはインプラントですか?
インプラントとはどういう風にするんですか?興味があるんですが経験者の方など詳しい方もいましたら教えて下さい。
ベストアンサー

インプラントは歯が無い(無くなった)部分に、チタンなどで出来た人工の土台を植え込んでその上に冠を被せたり取り外しの入れ歯の支えにしたりする方法です。
多く行われる方法は、まず歯茎を切り開き骨にドリルで穴を開けそこに土台を打ち込み、歯茎を一旦塞ぎます。土台が顎の骨に対して安定してくっついたころ(数ヶ月後)改めて頭の部分を作ると言った治療過程をとります。
最近ではもう少し簡便で短期間で済む方法も出てきましたが、どちらにしても歯科の中ではかなり大掛かりな外科的処置になります。
成功率も高まり普通の歯医者さんでも行うところも多くなりましたが、もちろん失敗する例も有り、その場合何もしなかった場合よりも状況が悪化する事も有ります。
まだまだ100パーセント確実な治療ではないようです。


短期間に歯並びを綺麗にする方法は、冠を被せる、シェル(ラミネートベニヤ)を張る、等による場合が多いです。
インプラントはすぐに歯の部分を設置する事ができない場合もあり、芸能活動を一時休止しなければいけ無いほど時間が掛かる事も有ります。

軽度の歯並びの乱れの場合は歯の表面を少し削ってセラミックなどで出来たシェル(つけ爪の様なもの)を張る、ラミネートベニア法を採ります。

さらに進んだ乱れは歯全体を筒状に削りセラミックなどの冠を被せる事で形や歯並びを修正します。
最近はすべてがセラミックでできたオールセラミック冠が審美(美容)目的では多く用いられます。
旧来からの薄い金属キャップにセラミックを焼き付けたメタルボンド冠やセラミックの代わりに新しいプラスチック系の素材お使ったハイブリット冠なども用いられます。

歯の角度を有る程度変える必要があるときには、神経を抜いて頭の部分を取り去って根だけにした歯に修正した角度の土台を作りそこに冠を被せることもあります。

歯並びから大きく外れた歯の場合はその歯を抜いてしまって両隣の歯を削って橋渡しをする形で人工の歯を入れるブリッジによる治療の場合も有ります。
八重歯が急になくなる場合はこの方法も多いです。
この場合にひょっとしたらインプラントの選択肢もあるかもしれませんが、ほとんどの場合は無いと思います。

歯が無くなってしまっていて明らかに取り外しの入れ歯を入れていたような人が、急に立派な歯になった場合はインプラントの場合も有るかもしれません。
インプラントは元々の歯の根を利用する方法などに比べ不自然な形の歯になることも多く有ります。
綺麗な歯並び、と言う点からすると取り外しの入れ歯のほうが良い結果になることもあります。
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。