インプラントの意味と費用について。第三の歯としてのインプラントに関する情報を掲載しています。

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インプラントとは、抜いた歯にすぐ処置しないといけないのですか?



インプラントとは、抜いた歯にすぐ処置しないといけないのですか?
ネジみたいなのを差し込むらしいですが、歯茎がふさがってからでも出来るのですか?
技術的に新しい治療のようですが、将来的な不安や、歯科医さんの技術の差とかあまりないのでしょうか?
歯医者さん関係の方に伺いたいのですが、上手な歯科医はどこで見極めればよいですか?私は、35から40ぐらいの先生で、ちゃんと話を聞いてくれて几帳面そうな先生が安心。。かなあと思うのですが。。
あまり1つの質問でいろいろ聞かれても字数制限がありますから答えられません(^^;....

まずインプラントは抜いた直後にする方が少ないと考えてください。
骨が固まる・再生してから行う方が大多数です。
顎の骨の状態によっては、骨の量が足りずに、移植や骨を厚くして量を増やす手術も必要になります。決して急ぐ物ではありません。

インプラントは比較的新しい技術のようにお思いでしょうが、実はかなり以前から行われています。
むしろ材料学の進歩が著しく、材料その物が日進月歩の状態です。
歯科医師の技術差と言うよりは、材料差の部分も大きく、歯科医師の見極めはある意味困難です。

口腔外科の専門と言うわけでもありませんし、個別にインプラントの症例数・経験数をお尋ねになるしか方法は無いでしょう。

>ちゃんと話を聞いてくれて几帳面そうな先生

これはインプラントに限らず、全ての歯科医師に共通です。
ただし年齢は全く関係ありません。
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。