インプラントの意味と費用について。第三の歯としてのインプラントに関する情報を掲載しています。

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴールドマン、輝き戻る 4~6月期 3200億円の過去最高益



 米金融大手ゴールドマン・サックスは14日、2009年第2四半期(4~6月期)の決算を発表、最終損益は34億3500万ドル(約3200億円)の黒字を計上した。前期の黒字(18億1400万ドル)から大幅増益。黒字は2四半期連続となり、四半期ベースで過去最高益となった。昨秋に政府から受けた100億ドルの公的資金を先月返済し、従業員の報酬を含む経営の自由度も取り戻し、他の米銀大手に先んじて復活を印象づけた。

 1株当たりの利益は4・93ドルで市場予想を上回った。純収入は前期比46%増の137億6100万ドル(約1兆2800億円)を計上。好調な証券、商品市場取引やデリバティブ(金融派生商品)部門が全体の収益を押し上げた。ブランクファイン最高経営責任者(CEO)は「金融市場の改善と多様な顧客展開が結びついた結果」と業績復活を強調している。

(産経新聞 7月15日)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。