インプラントの意味と費用について。第三の歯としてのインプラントに関する情報を掲載しています。

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4日目(08.05.31)



1000日間達成に向けてチャレンジ!!

・早起き生活(目標起床時間から30分以内に活動する) 勝利(1日目 MAX3日)

・自主的な勉強30分 敗北

・筋トレ(現在は、腕立て・腹筋・背筋をそれぞれ40回) 勝利(4日目)

・掃除(皿洗いか机の上を整理) 勝利(3日目)

・ブログの記事を書く 勝利(4日目)

・水を飲む(1リットル) 


~今日の一言~
最近、水を飲むようになってきたからか、体が軽くなってきました。

水を飲むことで、体内の不純物や老廃物が体外に排出されるらしいのです。

ただ、水を飲むのはなかなか馴れないところがありますが(ひたすらコーヒーを飲んでいたため)、頑張ります。

後は、自主的な勉強か…

KOAN(Kick Off Acquiring Newness)
スポンサーサイト

早起き生活② 早起きの方法について



早起きが良いと分かったとしても、なかなか早起きを継続するのは難しいことですね。

昨日まで、8時に起きていたのに、次の日から6時に起き続けようと思っても、なかなか続きません。

早起きは、明確な目標を持って、同時に生活習慣を変える必要があるように感じます。

早起きのポイント

①何よりも、まず早く寝ることから。

出発点はここからです。

早く寝ることで、早く起きられる。

単純ですが、いざ実践しようとすると決意がいります。

また、ダラダラとテレビを見たり、うたた寝したりせずに、眠いと思ったらすぐに床につく。


②最初は、目が覚めたら、サッと起きるということだけ心がける。

何時に起きなくてはいけないと考えると、プレッシャーを感じ、起きるのが負担になります。

目が覚めたら起きると考えると良いです。

やがて、時間が来たらすぐに起きると言うことを体が覚えていきます。


③人生を変えたいとか、より良くしたいと思った時がチャンス。

やはり、早起きをして、何かを始めようと思うには、それなりの動機必要なものです。

具体的な目的意識が必要ではないでしょうか。


④段階的に続けていく。

まずは、1日早起きしている。

次は、3日続けて。次は、1週間と徐々に伸ばして行ければ良いと思います。

3ヶ月続けば習慣になり、3年続ければ止められなくなるそうです。


※以上は、宮西ナオ子氏の「朝2時間早く起きれば人生が変わる!」を参考にしています。興味があり、もっと詳しく知りたい方は、ぜひ手にとって見てください。

3日目(08.05.30)



1000日間達成に向けてチャレンジ!!

・早起き生活(目標起床時間から30分以内に活動する) 敗北(MAX3日)

・自主的な勉強30分 敗北

・筋トレ(現在は、腕立て・腹筋・背筋をそれぞれ40回) 勝利(通算3日)

・掃除(皿洗いか机の上を整理) 勝利(通算2日)

・ブログの記事を書く 勝利(通算3日)

・水を飲む(1リットル) 敗北

KOAN(Kick Off Acquiring Newness)

2日目(08.05.29)



1000日間達成に向けてチャレンジ!!

・早起き生活(目標起床時間から30分以内に活動する) 勝利(通算2日)

・自主的な勉強30分 敗北

・筋トレ(現在は、腕立て・腹筋・背筋をそれぞれ40回) 勝利(通算2日)

・掃除(皿洗いか机の上を整理) 勝利(通算1日)

・ブログの記事を書く 勝利(通算2日)

KOAN(Kick Off Acquiring Newness)

早起き生活① 早起きの効用について



早起きの効用については、いろいろと上げることができます。

代表的なものとして・・・

①生活習慣が改善される。

早起きを続けようとすると、当然夜は自然と眠くなるので早寝の習慣もつくようになります。

人間は、長い歴史に渡って、日の出ともに起きて、日の入りとともに寝てきました。

それゆえに、早寝早起きのほうが自然のリズムにあっているのです。

また、一つ体に良いことを続けていると、もっと何か他の健康法もやりたくなってきます。

日頃の生活の中で必要なことと不必要なことが明確になっていくのです。


②頭がすっきりしてよく働くようになる。

朝寝をすると、時間は味方してくれなくなります。

いつも気持ちが追い立てられている状態で余裕が全くなく、惨めなることもあります。

しかし、朝早く起きて、自分がリードしていけば、ものごとが順調に行きやすくなります。

頭がすっきりした状態で、勉強にも取り組んでいくことができます。


③考え方が積極的なる。

物事にはリズムがあるということができます。

積極的な気分も、消極的な気分も、ある一定のリズムを刻んでいます。

そのため、朝起きた時のリズムが大切になってきます。

目覚めからダラダラしていると、脳も活動的なリズムになりません。

朝、目が覚めたらてきぱきと動いて活動的なリズムを作ることで、勢いに乗って一日を過ごせます。


④ダイエット効果があり、健康になれる

ダイエットには規則正しい生活が一番とされています。

早起きを実践することで、自分の起床時間をコントロールし、自分の起きたい時間に起きれるようになります。

このことが、自立的・自律的な人生を生きているという自身につながります。

そのため、自然と体重をコントロールすることができるようになるのです。



※以上は、宮西ナオ子氏の「朝2時間早く起きれば人生が変わる!」を参考にしています。興味があり、もっと詳しく知りたい方は、ぜひ手にとって見てください。

1日目(08.05.28)



1000日間達成に向けてチャレンジ!!

・早起き生活(目標起床時間から30分以内に活動する) 勝利(通算1日)

・自主的な勉強30分 敗北

・筋トレ(現在は、腕立て・腹筋・背筋をそれぞれ40回) 勝利(通算1日)

・掃除(皿洗いか机の上を整理) 敗北

・ブログの記事を書く 勝利(通算1日)

KOAN(Kick Off Acquiring Newness)

1000日トレーニングとは?



■1000日トレーニングとは?

初めての方には、「1000日トレーニングってなに?」という感じだと思いますので、簡単にご説明を・・・。

「 石の上にも3年! 」

という言葉あるとおり、何事も成果がきちんと目に見えるようになるには、ある程度時間が掛かります。

ダイエット、語学習得、経営、習い事、スポーツ、資格取得・・・色々ありますが、なにごとも最後までやり通すチカラさえあれば、なりたい自分になる確率は高まります。

そこで、どんな小さなことでも良いので、自分が決めたことを1000日間続けようと言うのが『1000日トレーニング』です。


■1000日トレーニングのルール


「なにをやってもいいけど、1000日連続継続する、失敗したらゼロからやり直し」です。

この「ゼロからやり直し」ということでかなりいろんな気付きが得られますし、継続の最大のコツということになるのではないでしょうか?

1000日トレーニングに存在するルールは、これだけです。

興味を持った方がいれば、一度お試しあれ(^^)



main_logo.gif

早起きが成功!!



今日は、早起きに成功しました(^^)

4時起床を目指している中で、見事達成。

途中、昼寝を少し取りましたが、案外快適に過ごせました!

やはり、みんなが寝ている時に活動していると、優越感みたいなものを感じます。

心のゆとりが全く違いますね。

ただ、まだ、習慣として根付いていないので、油断をすると眠気が…

なんとしてでも、定着させたいと切に願うガーネットさん。


「今日の言葉」
わたしたちは世界をあるがままに見ているのではなく、自分たちの生活を通してしか見ていない。
ロビンシャーマ

ほったらかしのブログ…



ブログをほったらかしにしていました。

久しぶりに見たら、激しく、アダルトサイトからのコメントが寄せられていました(笑)

大学生活の前期も半分を超えて、だいぶ落ち着くと同時に、マンネリ化が深刻になってきました(^^)

もう一度、早起き生活&オナ禁を徹底させて、生活にハリをつけることが大切ですね。

朝、早くに起きてさわやかな一日をすごしていきたい。


『本日の言葉』

不機嫌な表情を自分に許し、感情のままにマイナスの言葉を口から出すのは、大変にわがままなことである。

それが他人をいやな気持ちにさせ、さらに、その向こうにいる誰かにまでいやな気持ちを伝播させることもある。

宮西ナオ子氏 "朝2時間早く起きれば人生が変わる” から引用。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。