インプラントの意味と費用について。第三の歯としてのインプラントに関する情報を掲載しています。

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インプラント認定医



インプラント手術を行うためには、インプラント学会による試験、審査に合格してインプラント認定を受ける必要があります。

インプラント学会は、数種類あり、代表的なものとしては日本口腔インプラント学会、日本顎顔面インプラント学会、国際口腔インプラント学会などがあげられます。

インプラント手術についてはこうしたインプラント認定医という資格が必要です。

ただ、インプラントの価格はインプラント認定医によってまちまちです。

価格の基準といったガイドラインもなく価格の相場はあってないようなものと考えてよいでしょう。

インプラントは、最新医療で一種の異物による臓器移植とも考えられ、注目されていますが、一方で術式の割りに利益率が大きいことから、安直にインプラント治療を勧める歯医者が急増しています。

その結果、インプラント費用に関するトラブルも多く発生するようになりました。

インプラントの費用は、材料費と技術料、その他経費(場所代、消耗品、従業員経費など人件費、その他の経費)に利益を合算して決まります。



この価格は、材料費以外をどうするかによって、異なってくるわけです。

たとえ、技術水準が低くてもブランド志向で高い目の料金設定(それなりのサービスがある)のところもあれば、薄利多売で本数を稼ぐ歯医者もあります。

インプラント認定医といっても、これは国家資格ではなく、各民間の学会が独自のカリキュラムをくんで試験を実施するにすぎません。

ですから、インプラント認定医というかんむりで安易に歯科医を選ぶことはおすすめできません。

インプラント手術は、リスクも少なくないものですからインプラント認定医の中から慎重に選ばなければなりません。

以下にインプラント認定医の選び方について記しますので、参考にしてみてください。

まず、これでもか、と言わんばかりに「インプラント」の良い事ばかりを言い、やみくもにインプラント手術をすすめる認定医には注意が必要です。

また、手術前に診療代を払うシステムになっているところも避けたほうがよいでしょう。

更に、診療室の雰囲気もチェックしましょう。

きれいな診療室だとそれだけで信頼してしまいがちですが、ホテルや高級クラブのようなインテリアをそろえているところは、技術の未熟さを雰囲気でカバーしている可能性があります。

また、宣伝しまくっているインプラント認定医も注意が必要です。



本当に信頼できる歯科医院であれば、口コミで患者は集まってきます。

そして、最後にもっとも重要な点はリスクについてたずねたときにきちんと説明をしてくれるかどうかです。

インプラント施術を行う医者には、患者に対してリスクをきちんと説明したうえで手術の同意を得る義務があります。

インプラントにしなければいけない必然性と根拠について、他の方式に比べた場合についての比較説明があるか、インプラントの危険性についても説明が十分であるか、更に、失敗した場合はどうするか、将来駄目になった場合の事などに十分な説明があるか、失敗した場合のリスク管理体制が整っているか、リコールシステムが充実しているか、こうしたマイナス面についてどの程度カバーができているかが、いい認定医の選択基準となるでしょう。


この記事の大部分は
「記事も積もれば学となる!」
http://kiji.in/
より引用したものです。
スポンサーサイト

インプラント医療訴訟



インプラントとは、歯を失った患者に対して行う治療法で、チタンなどの金属やアパタイト(リン酸カルシウム)などの合成材料でつくられた歯根を、あごの骨に穴を開けて植え込み、接着後、上部構造とよばれる歯冠部をその歯根にかぶせるものをいいます。

インプラント手術は1991年にはじめて国内で実施された非常に新しい治療法であり、歯を失った患者さんに希望をあたえる画期的な手術でした。

ただ、インプラント手術は、最先端の医療機器と高度な技術が必要とされることから、失敗例も少なからず存在し、また、手術自体が成功したとしても手術後に経過の思わしくないという場合もあります。

そのため、手術を行う医師は、こうしたインプラント手術のリスクについて、事前に十分に説明をし、患者の同意を得なければなりません。



しかし、こうした説明を怠り、医師の独断的な施術による医療トラブルは、ここ数年あとをたちません。

インプラント手術が患者にとって「夢の永久歯」を手に入れる唯一の方法であることもこうした現状に拍車をかけているという実情もあります。

インプラントを実施する歯科医師は、インプラント手術を強く希望する患者に対し、インプラント手術をなすことがその患者にとって本当に有効・適切であるのか、また、インプラント手術を実施するとしても、どの方法のインプラントを用いるのか等について、慎重に判断し、説明をしなければなりません。

特に、インプラント手術のリスクについて、患者の同意を得なければ、患者の意思決定に基づく手術とはいえないことに注意が必要です。

実際に東京地裁で争われたインプラント医療訴訟においても、裁判所は「臨床医としては、…患者に対し骨膜下インプラントの危険性をも理解させたうえで慎重にこれを行うことが望ましく、安易に骨膜下インプラントを施術すべきではないことがそれぞれ認められる。」として医師のリスクを含めた説明義務について認定しています。



インプラントをめぐるトラブルの主な争点は、歯科医がこれら注意義務を十分に尽くしていたか否かという点にあります。

もっとも、インプラント手術のような医療訴訟においては、患者が医者を訴えたとしても訴訟において、歯科医師の善管注意義務違反を立証することは非常に困難です。

なぜなら、立証のために必要なカルテなどの資料はすべて病院側にあり、患者側はこれを入手することが難しいからです。

もちろん、この点については患者の立証の困難性を救済する措置が民事訴訟法に規定されてはいますが、やはり患者側が勝訴するのは困難が伴うといわざるを得ません。信頼できる医師を選ぶ目が重要といえるでしょう。


この記事の大部分は
「記事も積もれば学となる!」
http://kiji.in/
より引用したものです。

インプラントのリスク



インプラント手術がはじめて日本に導入されたのは1991年、日本歯科大学病院においてです。インプラント導入当時は、「夢の永久歯」などとよばれ非常に脚光をあびました。

しかし、この夢のインプラントにもリスクはあります

インプラントも決して万能な治療ではないことを手術前にしっかりと認識しておくことは非常に重要です。外科治療である以上、最低限のリスクを伴うことは避けられません。

残念ながら、医療に100%はないのです。

とはいえ、事前にトラブルに対処するだけの心構えと知識があれば、それを未然に防ぐことも可能ですし、もし仮にトラブルがおこってしまっても冷静に対処できるのではないでしょうか。

インプラント植立時のトラブルとしてあげられるのは、主に腫れ、出血、まひ、知覚異常、あざなどです。腫れは約1週間続きますが、3日目がピークでそれ以降はだんだんとおさまっていくので心配はありません。



また、まれに出血動脈の損傷により、手術後も出血が続くことがあります。出血も部位によっては、対応が遅れた場合は死に至ることもありますので、要注意です。

まひや知覚異常は下顎のオペに際して、下歯槽の神経損傷により一時的、または永久的に麻痺、知覚異常がのこってしまうという大きなリスクがあります。仮に一時的なものですんだとしても、神経組織は再生力に乏しいため治癒には半年から1年かかるといわれています。

そのほか、インプラントの本数が少なかったために、負担加重になってインプラントの結合が破壊されてしまうというトラブルもあります。

一概にはいえませんが、歯が2本ないところに1本しかいれなかった時や、咬む力が強い場合にそれを考慮しなかった時におこることがあります。



このトラブルは非常に初歩的なトラブルといえ、事前のカウンセリングが丁寧に行われなかったことが原因と考えられます。

手術前に病院を訪れる際は、カウンセリングが丁寧かどうか自分の目で見極める必要があります。

更に、手術後、たまになぐれたようなあざが顔面に出現することがあります。

ただ、これは約2週間ほどで消えるものなのでそれほど心配する必要はありません。

これまでは、手術後におこりうるトラブルをみてきましたが、手術自体も失敗する危険性はあります。

手術時の失敗として、『過剰なドリリングによる骨の壊死(50度以上)』、『感染』、『初期固定が得られない』、『初期固定が強すぎる(50Ncm以上)で骨壊死がおきる』「隣在歯を削ってしまう」といったものがあります。

これらの失敗は習熟曲線に関係しているとみられ、やはり技術に熟達した医師を選ぶ目が重要になってきます。


この記事の大部分は
「記事も積もれば学となる!」
http://kiji.in/
より引用したものです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。