インプラントの意味と費用について。第三の歯としてのインプラントに関する情報を掲載しています。

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

費用 インプラント - 歯の情報ナビ コンテンツ



【費用 インプラント - 歯の情報ナビ】 コンテンツ

このサイトはインプラントに関する基本情報を掲載しています。

インプラントとは

インプラントは一生モノ

インプラントの費用

①自分の歯が無くでも可能

②歯周病の人でも可能

③骨粗鬆症の人は?

インプラント治療の手順①

インプラント治療の手順②



インプラント

インプラント 新宿
スポンサーサイト

インプラント治療の手順①



①カウンセリングで疑問を解消

 カウンセリングでは、治療に関する疑問や希望など、歯の悩みを遠慮無く相談しましょう。

また、それまでに受けてきた治療歯科、入れ歯やブリッジを使用している人なら、いつ治療を受けて、どういう点に苦痛や不満があるのかを伝えることも大切です。

歯科医師との間に十分な意思疎通をなすことで、納得のいく治療を受けることができるようになります。



②精密検査で骨の状態を見る

 カウンセリングの後には、精密検査を行います。

人工歯根を埋め込むので、アゴの状態を調べるためです。

インプラントで最も重要なことは、人工歯根を植えるだけの厚みがアゴの骨にあるかどうかです。

精密検査では、アゴの骨の量と厚みが十分にあるかどうか、形態はどうなのかなどを厳密に調べます。

この結果で、使用する人工歯根の長さを決定していきます。



③人工歯根をアゴの骨に埋め込む

 インプラント治療の第一段階として、人工歯根をアゴの骨に埋め込み処理をします。

完全な滅菌消毒管理の下で行われるので、多少時間がかかりますが、それでも全体で2時間ほどで終わります。

人工歯根を埋め込む処理自体は、一顎20~40分ほどです。

局部麻酔をしているので、処理自体には痛みはほとんどありません。



④処理後の1週間の対策

 インプラントの前に入れ歯を使っていた人の場合は、処理から一週間は入れ歯を使用することはできません。

縫合したばかりのところに入れ歯をのせると、損傷する恐れがあるからです。

最近では、IPIという補助インプラントを追加して、当日から仮歯を入れることもあります。

処理後の注意点としては、

 ・術後の食事は、手術した部分に刺激を与えないような柔らかいものを選ぶ

 ・食事が終わったら、生理食塩水で口をゆすぎ、清潔を保つようにする

 ・処方された抗生剤などの薬を、術後約一週間、医師の指示通りに飲む

【費用 インプラント】

インプラント治療の手順②



⑤2週間後に抜糸

 手術をして2週間がしたら、縫合した部分の抜糸をすることになります。

しかし、この時点では、手術をした部分は完全に安定しているわけではありません。

入れ歯を使用する場合は、歯科医師に相談して、安定剤を使うなど配慮が必要となります。



⑥安定期間

 インプラント治療の第2段階では、安定期間が必要となります。

人工歯根を埋め込む処理の後に、目安として、下アゴなら3ヶ月、上アゴなら6ヶ月の安定期間が必要となるのです。

これは、人工歯根と骨が完全に結合して、安定した状態で人工の歯を取り付けるためにどうしても必要となる期間です。



⑦二次処理

 インプラント治療の第3段階では、二次処理と受けます。

人工歯根の埋め込みが終わっているので、簡単な処理となります。

粘膜から埋まっている人工歯根の頭を取り出し、人工の歯を接続するアバットメントという土台を取り付けます。

この二次処理で外科処理は全て終わります。

あとは人工歯の型取りをして装着し、噛み合わせを見ていくことになります。



⑧人工歯の型取り

 インプラント治療の第4段階では、人工歯の型取り段階に入ります。

人工歯ができるまで、一般的には2~5回くらいの通院が必要です。

歯並びや色、形など外見や機能も含め、人工歯の出来上がり具合を慎重に試します。



⑨治療後の定期チェック

 人工の歯が完成し、人工歯根に固定される段階に入ります。

これで、インプラント治療は完了です。

治療が終わった後には、まず1週間後に定期検査をします。

その後は1ヶ月後、3ヶ月後に検査をします。

それからは半年に1回、経過が良ければ年に1回くらいの定期チェックで十分です。

【費用 インプラント】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。